TOEICテスト対策に最適な勉強法をご紹介!TOEICのスコアアップを目指して

TOEICテスト対策に最適な勉強法をご紹介!TOEICのスコアアップを目指して
この記事は約7分で読めます。

TOEICテストの対策として、効果的な勉強法をご紹介します。

TOEICの勉強法としてはアプリを利用して勉強する方法、参考書を見ながら勉強する方法があります。この記事では、アプリを利用した勉強法、参考書を利用した勉強法と参考書の選び方について、順を追って説明していきます。

TOEICの勉強法とは

TOEICの勉強法についてはアプリを利用したり、参考書を使って勉強したり、またはオンライン英会話のTOEIC対策コースを受講したり、と方法は数多くあります。

それらの方法で勉強するとしても、どのような教材があるのか詳細を知って、効果的に勉強していく方法を考える必要があります。

ここからは、それぞれの勉強法について、おすすめの教材をご紹介しますので、TOEICの勉強に役立てて頂ければと思います。

TOEICの勉強法:アプリ編

TOEICの勉強をするためには、参考書を使ったり、オンライン英会話を使ったりする方法もありますが、今回はアプリを使ったおすすめのTOEIC勉強法を紹介します。

詳細を下記の記事でまとめいてますので、併せて確認頂ければと思います。

アプリを使った勉強法① 「スタディサプリTOEIC」

まずおすすめしたいのは、「スタディサプリTOEIC」というアプリです。

良い点としては、TOEIC満点を持っている講師が解説している動画300本以上が見放題である点があげられます。ライティング・リーディング・リスニング対策が出来るものが幅広く収録されているため、他に参考書を買わなくてともこのアプリだけで十分でしょう。

大手企業「リクルート」が開発したアプリだからこそ、この充実のコンテンツが実現できるんですね。しかも、1本1本の動画の長さは短いものだと3分間なので、電車の待ち時間などのスキマ時間でもTOEICの勉強が出来るという点が嬉しいです。

月額料金は3,278円(税込)になりますが、最初の7日間は無料で利用することができますので、まずは試してみてはいかがでしょうか?

アプリを使った勉強法② 「SANTA TOEIC」

次におすすめするのが、「SANTA TOEIC」というアプリです。

良い点としては、10問問題を解くだけで人工知能がTOEICテスト本試験の点数を予測してくれるというのが挙げられます。

10問の簡易テストを定期的にやっておくと、自分の実力や苦手なところを把握しながら、効率よく勉強が進められるでしょう。さらに、350種類を超える動画解説も収録されていますので、簡易テストでわからなかった点も、動画解説を見ることでスッキリ解決することができます。

そして驚くべきは、このコンテンツのクオリティで利用料金はなんと永年無料なんです!なので、このアプリは口コミでも平均評価4以上と高評価を得ていて、「無料アプリとは信じられないクオリティ!」「TOEIC対策をしている全ての人におすすめしたい!」など、絶賛の声がたくさんありましたよ。

ちなみに、このアプリは簡易テスト→苦手分野を動画で確認という流れで使うのが良いため、学習初心者よりはTOEIC600点以上など、ある程度高得点を目指す方におすすめのアプリです。

アプリを使った勉強法③ 「レシピー(ポリグロッツ)」

次におすすめするのが、「レシピー(ポリグロッツ)」です。こちらのアプリは英語学習アプリで3冠を獲得し、ユーザー満足度もNo.1を誇っています。

良い点としては、17テーマのニュースを題材とした記事が読めるというのが挙げられます。なので、TOEICテストのPart7の長文読解に苦手意識がある方はダウンロードしてみると良いでしょう。

1記事は3分程度でサクッと読めるものばかりなので、スキマ時間でも出来ますよ。また、アプリには「学習管理機能」もついていて、学習者の関心がある分野に関するアンケートと英語診断力テストを受講することによって、最適な学習プランをアプリ側が提案してくれるというサービスもありますので、ぜひ活用してみてください。

英語の文章を日頃からたくさん読んでいると、速読の力がつくだけでなく、さまざまな分野の背景知識を得ることも可能となります。Part7では短時間でパッと全体の内容を理解する力が問われますので、少しでも多くのことを知っていた方が有利ですよ。

TOEICの勉強法:参考書編

次にTOEICの勉強法で参考書を使った方法について説明します。数あるTOEIC対策の参考書の中から厳選したおすすめの参考書をご紹介します。

参考書の選び方

TOEIC対策として参考書を使う場合、まずは学習者のレベルや目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

書店で売っている参考書には「初めて受験する方用」「600点以上を目指す方用」「800点以上を目指す方用」などさまざまなものがありますし、使用目的も「リスニング対策」「文法対策」「長文対策」「本試験同様の問題集」など細かく分かれていることがほとんどです。なので、購入時にはどのような対策が出来る参考書なのかをよく確認するようにしてくださいね。

また、出題傾向は毎年若干の変更がありますので、参考書は出来るだけ出版年が新しいものを選びましょう。ちなみに、2016年5月にはTOEICの出題傾向について大きな変更がありましたので、特にそれ以前の参考書は使わないようにしてくださいね。

おすすめの参考書①「はじめて受けるTOEIC(R)L&Rテスト 全パート完全攻略」

最初におすすめするのは、「はじめて受けるTOEIC®L&Rテスト 全パート完全攻略」です。

良い点としては、TOEICテストの構成やパートごとの攻略法が細かく説明されているというところが挙げられます。なので、600点前後を目標として、はじめて受験する方であれば買っておいて損はない参考書だと言えるでしょう。

また、Amazonや全国大学生協などではTOEIC対策本ランキング第1位を獲得していることから、多くの学習者から選ばれていることもわかります。TOEICである程度の得点を得るためには、もちろん基本的な単語や文法知識も必要ですが、TOEIC特有のテクニックを身につける必要があります。

この参考書を使えばパート別の特徴や攻略法がわかりやすくまとめられていますので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの参考書②「ゼロからのTOEIC(R)L&Rテスト600点」

次におすすめする参考書は、「ゼロからのTOEIC®L&Rテスト600点」です。

こちらの良い点は、初心者が間違いやすいところを各パートごとに「わくわくポイント」として集約し、やるべき対策を1つに絞っているところが挙げられます。

この参考書は英語が苦手だと感じている学習者に向けて書かれていますので、長い説明を省いた、単純明快な解説がとてもわかりやすく、取り組みやすいです。

加えて、ユーモアある独特の語り口調も特徴的なので、読んでいて面白い参考書だと思います。口コミには、「ゲームの攻略本のようで、本当に楽しく読めます。」という声もありましたよ。

また、TOEICで600点以上を取るために、敢えて考えずに捨てる問題に関してもこの参考書の中できちんと明示されていますので、それにより学習者が確実に覚え、点を稼げるポイントが明白になるという点も良いです。

TOEICで600点以上を取るため必要なことは、取れるパートで狙った問題を正解することになりますので、取る問題と捨てる問題の見分け方はぜひこの参考書を使って勉強してみることをおすすめします。

おすすめの参考書③「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」

次におすすめする参考書は、「1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急」です。

良い点としては、目標スコア(550点・730点・900点)別に文法事項がわかりやすくまとめられているため、初心者から上級者まで幅広い方が使えるということが挙げられます。文法だけに特化した問題集になるため、文法に苦手意識がある方は取り入れてみると良いでしょう。

TOEICテストにはPart5で膨大な量の文法や単語の問題が出題されますが、550点を目指す初心者の方であれば、全てを解こうと意気込む必要はありません。

この参考書で勉強をすれば、全体を見たときに解ける問題と解けない問題が一目瞭然でわかるようになるでしょう。わからないものはいくら考えてもわからないため、深く考えずに適当にマークシートを塗りつぶし、早く次の問題に取りかかるようにしてくださいね。

おすすめの参考書④「TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術」

最後におすすめするのは、「TOEIC®L&Rテスト 直前の技術」で、この参考書は600〜800点程度を目標としている方が対象となります。

良い点としては、11日間という短期間で対策することが可能であるところが挙げられます。なので、TOEICテストまで時間が無くて何から勉強したら良いのかわからない!とお困りの方や、長く勉強してきた方でテスト前に最後の総仕上げがしたい!というニーズ応えることができます。

加えて、一般的な参考書のようにPart1から順番に解説してあるのではなく、得点の上げやすいPart2から解説が始まっているという点もこの参考書の特色だと言えます。本番の試験でもリーディングパートであればこの参考書の順番に行えば効率よく得点を稼ぐことができるでしょう。

最後に別冊にある完全模擬試験を解いてみると、参考書で勉強したことがしっかり身についているかどうかの確認になりますし、間違った部分はまた参考書に戻って復習をしっかり行うことで、更に高得点を狙えるようになりますよ。

よろしくお願い致します。